読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いばらのみち

わたしが、わたしの人生を謳歌するブログ

愛についての考察

お題「これって私だけ?」

 これは誰にも言ったことがない、秘密の話だ。アラサーともなると、結婚式に出席した経験の一度や二度はあるだろう。かくいう私も、友人や職場の人の結婚式に年に一度は出席することがあり、そのたびに驚くことがある。

 友人の結婚相手が、(友人の)元恋人に「どこか」似ているのだ。結婚式じゃなくっても、このテの発見は起こりうる。この前あった話だけど、高校の同級生のツイッターに、結婚相手の顔が載せられていた。それを見て、「うわ、目元がアキちゃんそっくりだな」と知らず知らずの間に呟いていた。

 その二人がどんなにひどい別れ方をしていたとしても、円満な別れ(本当にこんなことがあるのかは別として)を選んでいる場合でも、新しい相手には、昔の相手の要素が残っている。私はその要素こそが、愛だと思うのだ。

 それを確信したのは、三年前の友人の結婚式に出席したときのことだった。同じグループ内で、高校時代3年間まるまる、付き合っていたカップルがいた。その頃の私は、付き合うっていうことは、結婚を前提にすることはもちろん、結婚が視野にない付き合いなど、セフレと同義!くらいの潔癖性で、タチが悪いことに、10代特有の頑なさで、その考えを信じきっていた。

 制服姿でいつも幸せそうに見つめ合う彼ら。クリスマスの日に、雪道を歩く二人の後ろ姿。彼女にくっつかれて、はにかんだ彼氏の顔。永遠を信じる私にとって、彼らは「理想のカップル」、「正しいお付き合い」の星だった。

 そんな彼らが、大学入学と同時に別れることになり、それを報告されたときの気持ちたるや。あの辛い受験地獄を乗り越え、彼氏の方など20も偏差値を上げて、彼女と同じ大学に滑り込んだというのに、なんで今!?しかも、お互いに好きな相手ができたって……と愕然としたのを覚えている。

 と、同時に「永遠の愛なんてないのかもしれない」と、考えたのもその時が初めてだった。そんなカップルの片割れ、彼女の方が、25歳の時に結婚式を挙げた。いわゆるスピード結婚というヤツで、全くどんな男なんだと思いつつ、式に臨んだのを覚えている。

 そして、新郎新婦の入場である。その時は気がつかなかったのだが、ファーストバイトで新婦から食べきれないほどのケーキの塊を口に放り込まれた後の新郎の顔、その幸せそうなその笑顔が、かつての元カレそっくりだったのである。顔かたちは違うのに、笑い方だけが瓜二つだった。

 新郎のくしゃっとした笑顔を見て、ああ、彼女(新婦)は元カレのここが一番好きだったんだなぁ。結果的に別れたとしても、かつての「愛」が、自分の中に残ることがあるんだ、と妙に納得したことを覚えている。

 そして私の話だが、旦那の「声」が、一途に永遠を信じていた10代の頃に恋をした、あの元カレにそっくりだというのは、誰にも内緒だ。 

 

夢を見ずにはいられない

お題「マイブーム」

こんにちは。あまざけです。

気がつけばだいぶ間を置いての更新です。

毎日ブログを書き続けることができる人って本当に尊敬します。

 

お題の「マイブーム」

酒粕のパンナコッタ」を作って、食べながら執筆活動に励むことです。

普通のパンナコッタに酒粕を少し混ぜるだけで、日本酒が香って

生クリームの濃厚さがより引き立つ感じがします。

(溶けきらない酒粕は、漉すと滑らかに仕上がります)

コーヒーにぴったりなので創作活動のお供に、ぜひ!

 

そういえば、同じく小説家を志すみなさまは、一日にどれくらい書いているんでしょうか。

私は毎日書いてはいるものの、一歩進んで、読み返しては二歩下がるみたいな感じで、毎日1000文字、一週間で7000〜10000文字くらいでしょうか。

仕事をしつつなので、ムラがあるのですが、

仕事の時間は取材の時間と割り切って、

亀より遅い歩みなのですが、とにかく!書き進めています。

今年度の新人賞に応募します!

 

最近、こんな記事を読みました。

blog.livedoor.jp

(リンク先はあじゃじゃしたーさんのまとめです)

 

少年漫画家を志した1さんが、紆余曲折あって漫画家の夢を諦める話なのですが。

この記事の1さんは、ちゃんと持ち込みをしたり、漫画の新人賞に応募したりと

しっかり行動をなさっているわけですよね。

ちゃんと賞も受賞して。それでも、夢と希望だけでは、厳しい世界なのですね……。

グレンラガン大好きなんですけど、信念を貫き通して世界を変える、みたいな現実を見せて欲しいな。できれば私が、そうでなくっても知り合いの誰かが。

 

そんなわけで、ラノベ作家を目指す私にとっても他人事とは思えませんでした。

ラノベってことは、読者が若い層な訳ですから、若い感性を持っていないと難しいわけでしょ?

賞味期限があるとは言わないけれど、早いうちに書いて、とっとと応募しないと、どんどん後手後手に回っていくような気がします。

20代のうちに、いっぱい本を読んで、どんどん応募しないとなって思った日曜日でした。

 

酒粕レシピ からだにやさしい発酵食料理100 (講談社のお料理BOOK)

酒粕レシピ からだにやさしい発酵食料理100 (講談社のお料理BOOK)

 

 

 

 

 

よる、忘れられない

 

 

お題「修学旅行」

「CRAZYFORYOU」っていう漫画をご存知ですか。

君に届けを描いた、椎名軽穂先生の作品なんですけど、

主人公の通う女子高と、片思いの男の子が通う男子高の修学旅行の行き先が京都。

自由行動の日に、示し合わせて嵐山へ行くシーンがあるんです。

 

渡月橋の北側、嵯峨野に広がる雄大な竹林。

幽玄な空気に包まれる竹林のど真ん中を、ゆっくりと歩く。

そして、待ち合わせの時間に、他校生の男の子(彼氏ではない)とお土産交換をする。

こんな修学旅行に憧れたものです。

 

憧れますけど!現実は!

実際のところはフツーに京都の名所を観光して、抹茶パフェを出す喫茶店をはしごする、みたいなよくある行程をこなして終わりました。

学校の先生は行く先々で、歴史的建造物の意味、成り立ち、纏わる歴史を教えてくれたけれど、あの当時のわたしの頭では「へぇ、そうなんだ」くらいのもので、金閣寺が金ピカだったことぐらいしか覚えていません。

 

CRAZYFORYOUは、バッキバキの少女漫画で、爽やかな三角関係が好きな人にオススメ。是非読んでください。

 

それよりも、修学旅行に至るまでの経緯の方が色濃く記憶に残っています。

「班決め」での「女子派閥争い」なんか、最たるもので、

Xデーが訪れるまで、「裏切り」に戦々恐々とし、根回しをして……

それに比べると、あっけらかんとした男子の友情に憧れたものです。(それも想像だけど)

とにかく、後にも、先にも、あんなに面倒臭い人間関係の中で、

毎日そわそわ暮らしていたのは、中学生のあの頃だけかも。

 

けれど、そんな野暮ったい中学生のわたしにも、

修学旅行の最終日の前日、忘れられない夜がやってきます。

忘れられないことは「夜」に起きると、相場が決まっているわけです。

 

 

 

 

明日は修学旅行最終日、ついに自由行動の日だ。

わたしはルームメイトのアスカちゃんと、歯磨きを終え、明日の予定を話しあっていた。

ビジネスホテルのツインルームを充てがわれたわたしたち。

人生で初めて、ホテルの部屋を子供だけで独占したのだ。誰からも干渉されない世界に、小さなわたしたちの胸が踊った。

 

話題は明日どこを回るかに始まり、なにを食べるか、八つ橋はいくつ買うか、から定番の恋バナへ。

アスカちゃんとは部活が違っていたから、特別仲良いクラスメートではなかったけれど、いつもと違う状況がわたしたち二人の舌を酔わせた。

気づけば、互いに、言わなくってもいいことまで漏らしてしていた。まさに赤裸々。

ダウンライトの中、スプリングの強いベッドに寝そべり、二人でこれまでの人生について語り合う。主に誰を好きになって、その恋の行方がどうなったか。それに尽きるのだけれど。

 

「それって自然消滅ってヤツ?」

「そう、なのかな」

アスカちゃんは、天井を仰ぎながら、諦めたような口ぶりで言う。

まるで昨日カレー食べたよ、みたいなつまらないことを報告するような様子で。なんでアスカちゃんは、こうもあっけらかんとしているんだ。

恋の終わりは、しっかりと、口で、告げるべきだ、と中学生らしい正義感を振りかざすこともできず、わたしは相槌を打つ。

中学生でも女の子、女性とは共感を重んじる生き物なのだ。

「それにしても、タクミのヤツ、ひどい。嫌な男」

「そうだよね!」

「そうだよ!早く忘れちゃいな。ほら、男の傷は、男で癒す?って言うじゃん」

「でも……。世界の中心で愛を叫ぶ」

「は?」

「セカチュー。映画の」

アスカちゃんは中2にして元彼の人数が3人いて、わたしの一歩も二歩も先をゆく、

同級生の中でも「進んだ」女の子だった。

当時のわたしの想像を超える(付き合おう、はい、別れよう、はい、で終わるような恋)恋愛はとっくに卒業してしまっているのだ。

衝撃に背中を打たれ、わたしは身を乗り出して、その先を待ち続ける。

 

焦らすようにアスカちゃんはごろりと寝返りを打つと、部屋の四隅を覆う暗闇に、アスカちゃんのパジャマの柄が溶けてゆく。

なんだかすごい発表が聞けそうで、わたしは、固唾を飲んで見守った。

そうして彼女は神妙な声で続けた。

 

「朝目覚めるたびに、君の顔を思い出す、って歌あるじゃん」

平井堅の」

「そう、それ。主題歌の」

「朝目覚めるたびに、タクミの笑顔を思い出しちゃうんだよね」

「うっわー、すごい。映画みたい。大人の恋ってヤツだ」

「ふふふ。でも、ずっと忘れないと思う、わたし、タクミのこと」

 

そんな彼女も、今は一児の母で、おそらくこの夜のことは忘れてしまっているだろう。

(もちろん旦那はタクミではない)

それは置いておいて、問題はこの後である。

 

消灯時間をとっくに過ぎた深夜0時、部屋のドアがバンバンと叩かれる。

「先生?ヤバ、寝たふりしよ」

 弾かれたように布団を被るわたしに、

「……違くない?なんか、声聞こえるけど」

アスカちゃんはさっきと同じような神妙な声で言った。

アスカちゃんに従い、そろりそろりとドアに近付くと、確かに小声で「助けて」と聞こえる。ドアスコープを除くと、パジャマ姿のアイコがいた。

 

つづく

 

 

けつべつののろし(毒親との決別)

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

(初めての記事は、毒親の話です)

肉体の死は人生で一度きりだけど、

「精神の死」は、人生で何度か訪れると思いませんか?

死の淵からどうやって這い上がるか、生き返るか、生き続けるかが、

いわゆる「人生のターニングポイントになるのだ」と、わたしは思います。

今回の事件で一度死んだ精神を、生き返らせるためには、

わたしの心のなかで渦巻く「いろんな気持ち」を供養しなければ。

それで、前向きにいろんなことをリスタートしてゆこうと、ブログを始めました。

完全に自分を慰めるためですね。

共感してくれる人ばかりではないと思いますけど、

どろどろの、コールタールみたいな気持ちを吐き出す場所が欲しかったのです。

 

 

今年のゴールデンウィークは、約30年の人生を振り返ると、

これまでにない過酷な一週間でした。何がって精神が!

正直ズタボロ。毒親とついに、縁を切りました。

(というか向こうから言われて、少しホッとした。これで集られずに済むと)

 詳細は書き出せば書き出すほど、腹がたつので書けません。

 

 

 

 

世間でいう親孝行の定義がよくわからなくなりますけど、

育ててやった恩を押し売りし、金を恫喝するのは「親」がすることではない。

ましてや、金という条件付きの愛になんの価値を見出せましょう。

マジでこんな親いるんだ…ドラマかよ…みたいに思いますけど。

とはいえ、せっかく育てて頂いた命ですから、

いつまでも「毒親」のせいなどと言ってはもったいないです。

わたしは、わたしの人生を切り開いていくしかない、と決意したゴールデンウィークでした。

 

 

 

 

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

 

 

 

毒親の棄て方: 娘のための自信回復マニュアル

毒親の棄て方: 娘のための自信回復マニュアル