読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いばらのみち

わたしが、わたしの人生を謳歌するブログ

夢を見ずにはいられない

お題「マイブーム」

こんにちは。あまざけです。

気がつけばだいぶ間を置いての更新です。

毎日ブログを書き続けることができる人って本当に尊敬します。

 

お題の「マイブーム」

酒粕のパンナコッタ」を作って、食べながら執筆活動に励むことです。

普通のパンナコッタに酒粕を少し混ぜるだけで、日本酒が香って

生クリームの濃厚さがより引き立つ感じがします。

(溶けきらない酒粕は、漉すと滑らかに仕上がります)

コーヒーにぴったりなので創作活動のお供に、ぜひ!

 

そういえば、同じく小説家を志すみなさまは、一日にどれくらい書いているんでしょうか。

私は毎日書いてはいるものの、一歩進んで、読み返しては二歩下がるみたいな感じで、毎日1000文字、一週間で7000〜10000文字くらいでしょうか。

仕事をしつつなので、ムラがあるのですが、

仕事の時間は取材の時間と割り切って、

亀より遅い歩みなのですが、とにかく!書き進めています。

今年度の新人賞に応募します!

 

最近、こんな記事を読みました。

blog.livedoor.jp

(リンク先はあじゃじゃしたーさんのまとめです)

 

少年漫画家を志した1さんが、紆余曲折あって漫画家の夢を諦める話なのですが。

この記事の1さんは、ちゃんと持ち込みをしたり、漫画の新人賞に応募したりと

しっかり行動をなさっているわけですよね。

ちゃんと賞も受賞して。それでも、夢と希望だけでは、厳しい世界なのですね……。

グレンラガン大好きなんですけど、信念を貫き通して世界を変える、みたいな現実を見せて欲しいな。できれば私が、そうでなくっても知り合いの誰かが。

 

そんなわけで、ラノベ作家を目指す私にとっても他人事とは思えませんでした。

ラノベってことは、読者が若い層な訳ですから、若い感性を持っていないと難しいわけでしょ?

賞味期限があるとは言わないけれど、早いうちに書いて、とっとと応募しないと、どんどん後手後手に回っていくような気がします。

20代のうちに、いっぱい本を読んで、どんどん応募しないとなって思った日曜日でした。

 

酒粕レシピ からだにやさしい発酵食料理100 (講談社のお料理BOOK)

酒粕レシピ からだにやさしい発酵食料理100 (講談社のお料理BOOK)